抜け毛の原因について

抜け毛が多いと困っている方は少なくないと思います。

「最近、抜け毛が多くなってきた」
「以前より頭皮の地肌が見えている気がする」

などのお悩みを持っていませんか?

こちらの記事では、抜け毛の原因とポイントをご紹介していきます。
抜け毛対策を行いたいと思っている方も、ぜひ参考にご覧ください。

ストレス

「ストレスは体に悪い」ということは誰もが知っている事実ですが、実は髪にも良くありません。
人は、ストレスを感じると血行が悪くなったり、皮脂が過剰に増えてしまうと言われています。
皮脂が増えてしまうと、頭皮を健康に保つことが難しくなると考えられています。

過度の飲酒

お酒の飲み過ぎは、髪にも良くありません。
過度の飲酒は、当然内臓を悪くしますし、体を健康に保つことは難しくなります。
血流が悪くなることで頭皮の環境も悪くなります。

遺伝

「ハゲは遺伝する」という事はよく言われていますが、こちらに関して確実なことは判明していません。
しかし、男性ホルモンが分泌される時には脱毛作用がある事は分かっており、薄毛遺伝子と呼ばれるデンセイホルモン需要遺伝子が遺伝している場合は、通常よりも脱毛作用が多いと言えます。

しかし、「親がハゲているから自分もハゲる」というのは安直な考えです。
これだけ科学が発展していても分からないことですので、あくまで可能性があるということで認識する程度に留め、抜け毛対策を早めに行うことが大切です。

睡眠不足

発毛のゴールデンタイムは、10:00〜22:00と言われています。
この間は、発毛に関するホルモンが多く分泌される時間となっており、抜け毛や薄毛に悩む方は睡眠不足の場合が多いです。
睡眠不足は体にも悪く、頭皮にも悪い影響を与えます。

抜け毛において注意するポイントは??

1日のうちに抜ける髪の毛の数は、髪の毛が生えてから自然に抜けるまでの「ヘアサイクル」の期間によります。
1日に抜ける髪の毛の平均は、およそ31〜178本と言われています。
※数値に幅があるのは、毛量の差によるものです。
つまり、抜け毛は誰にでもあるものなのです。

その中でも、注意しなければならないのが病気の毛。
以下のような場合は、何らかの対策をとった方が良いです。

今までの抜け毛より、細く短い

一般的に、太く濃い毛はしっかりと栄養が行き渡り、役目を終えた毛となります。
しかし、細い状態で抜けてしまった毛は、育つ前に抜けてしまっているという事が言えます。
「そんな事言われても、細い毛がどれか分からない」と思われるかも知れませんが、注意して見てみると意外によく分かります。

抜け毛に変な形の毛根がついている

通常の毛根は、白い球のようなものなので分かりますが、注意するべきは見た目が違う毛根です。
明らかに変な形だったり、ヒゲのようなものが付いている場合は要注意です。

抜け毛が途中で切れていたり、傷んでいる

栄養が十分に行き渡っていない髪の毛は、途中でちぎれたり傷んだりしています。
育つはずの毛が育っていないまま抜けてしまっている状態であることから、抜け毛が途中で切れている、傷んでいる場合に関しても注意が必要です。

抜け毛対策には育毛シャンプーがおすすめ

抜け毛を予防するには、まずは頭皮の環境を清潔に保つことが大切!
もちろん、ストレスをためない、生活習慣を見直すということも並行して行って欲しいですが、まずは抜け毛が発生しやすい環境を整えることが優先です。

市販のシャンプーは洗浄力が強いため、かえって頭皮にダメージを与える可能性があります。
「頭皮を健康に保つ」ことを目的に開発された育毛シャンプーを使用し、抜け毛を予防してみませんか?

他の記事で育毛シャンプーについて記載しているので、合わせてご確認ください。