抜け毛の原因さらに2つ

前回の記事では、抜け毛の原因を3つご紹介しました。
今回は、さらに2つの原因をご紹介します。
「最近抜け毛が気になる…」とお悩みの方は、ぜひ見てみてください。

頭皮へのダメージ

髪の毛や頭皮へダメージを与えると、髪の毛に栄養が十分に行き渡らず、抜け毛の増加につながります。

要因は色々ありますが、おもに以下が考えられます。

【紫外線(UV)】

紫外線が頭皮に与える影響は非常に大きいと言えます。
髪の毛であれば赤茶色に変色し、傷みなどで影響がわかりますが、頭皮の場合は分からないケースもあります。

日焼けでヒリヒリする、痒くなる等の症状であればわかりやすいですが、頭皮の細胞がじわじわと破壊されていることには気づけないケースがほとんどです。

髪の毛をつくる元になる細胞が紫外線の影響で破壊されると、抜け毛の原因になるだけではなく、髪の毛自体がつくられなくなる可能性もあります。
それにより、薄毛の進行が早まるのです。

紫外線が強くなる夏は、帽子をかぶるなどしてなるべく頭皮を紫外線にさらさないようにしましょう。

【パーマやカラーなどのヘアスタイル】

パーマやカラーは髪の毛に負担がかかるため、傷む原因にもなりますし、頭皮にもダメージを与えます。
管理人の知り合いで昔から金髪にしていた人がいましたが、今ではおでこがかなり広くなっています(他にも原因はあると思いますが)。

抜け毛を予防するにはなるべく頭皮にダメージを与えず、自分なりに満足のいくヘアスタイルを楽しんでください。
できれば、パーマやカラー、髪の毛を引っ張るようなヘアスタイルは極力控えた方が良いです。

【髪の毛の洗い方】
髪の毛は洗わないのもだめですが、洗いすぎるのも良くありません。
力一杯ゴシゴシ髪の毛を洗っていませんか?

また、1日2回以上シャンプーをする方も、頭皮が負担になっている可能性があります。
一般的に正しい方法でシャンプーを行い、ドライヤーですぐに乾かす習慣を心がけましょう。

加齢

年を重ねることで髪の毛や頭皮をすこやかに保てなくなると考えられています。
新しい髪の毛がつくられにくくなるということもあります。

特にコラーゲンの減少が薄毛を進行させると考えられているため、それを予防できる育毛剤などを使用することをおすすめします。

原因を把握することで、抜け毛の予防を行う

2回に渡ってお送りした「抜け毛の原因」は把握できましたか?
対策が難しいものもありますが、抜け毛の予防には原因を知ることが何よりも大切です。

一つ言えることは、「今が良ければそれでいい」という生活を続ければ、確実に抜け毛は増え、薄毛も進行していきます。

気づいたときにはシャレにならないぐらいハゲている…なんてことにならないよう、今からしっかり対策、予防を行いましょう。